双方にメリットあり|複数の部署でミーティングを決行するなら電話会議ir|出張費カット
コンサルタント

複数の部署でミーティングを決行するなら電話会議ir|出張費カット

双方にメリットあり

会議

投資家に人気

NISAの取り組みなど、国全体として投資の流れを作ろうと言う動きが見られます。投資に欠かせないのがIR情報です。投資家はIR情報を参考にして、投資先の会社の収益や健全性を調べます。ただ、投資家が日本だけでなく、海外にも広がっている現在、全ての投資家を対象とした説明会を行おうとしたら、色々な場所で説明会を行う必要があります。実際に行おうとしたら、時間も費用も膨大にかかってしまいます。そのため、ここ最近は電話会議irを有効活用する企業が増えてきています。電話会議irなら、複数の会場を対象にして一気に説明会を行う事が可能です。一方、投資家も説明会のために遠距離移動を行う必要がなくなり、また報告書を読むだけでは理解できないことも、電話会議irで質問することも可能となります。

主催者側にもメリットあり

投資家側に人気のある電話会議irですが、勿論主催者側にもメリットが多数あります。まずは費用面です。大規模な会場を確保する必要が無く、自社の小さな会議室でも電話会議irは十分に行えます。また、投資家向けの資料を事前に用意する必要が無いため事務作業にかける時間を削減する事が可能です。また、隠されたメリットとして、投資家側からは見えないため発表者は自由にどのような資料でも参照することが出来ます。投資家を集めて発表する場合は、その場で参照出来ない資料もありますが、電話会議irならばそのような心配もありません。その他にも、投資家からの質問に対して、マイクを一旦オフにして企業側で相談した上で回答を行うなど、様々なメリットがあります。